青野家族葬儀「地域ナンバー1」

都心で増えている家族葬儀について解説するナンバー1サイト

家族葬のイメージと実態の違い

家族葬のイメージとは?

葬儀の形態で近年需要が多くなってきている家族葬ですが、どのようなイメージをお持ちですか。
友人や近所の人を呼ばずに親族だけで行うので高齢で大往生して亡くなった方や付き合いの少なかった故人のためのお葬式と思われがちですが、そればかりではありません。
以下で詳しく見ていきたいと思います。

故人とのお別れを大切にしたい人に選ばれる家族葬

家族葬というのはむしろ生前に仕事や地域活動で付き合いの多かった方にお勧めします。
一般的には、家族を亡くして家族は悲しみにくれているときに葬儀の仕度を進めていかなければなりません。弔問客の対応にも追われるでしょう。
故人との最後のお別れなのに一番しっかりとお別れのときを過ごしたい家族が葬儀の準備であわたたしく過ごすことになるのです。
それらの手間をなくして家族で落ち着いてお葬式をしたい場合には家族葬にして、弔問客をお断りするのがいいでしょう。
お付き合いのあった方々には葬儀が終わった後でお知らせして故人を偲ぶ会を催しても失礼にはなりません。
家族もゆっくりと弔問客の対応ができ故人との思い出をお話できるのです。

費用が明快で遺族の負担も軽いのが嬉しい

家族葬といえば費用が安く済むというメリットがあります。
祭壇が小さく華美な飾りを必要としないからです。
斎場ではお葬式をパック料金で提示している場合が多く、いくら掛かるか総額がわかりやすくなっています。
追加で生花祭壇にしたり献花を追加することもできるので葬儀会社に見積もりを出してもらいましょう。
細かな料金追加がかかってくることもあるので、口頭で値段を聞くのではなく書面で見積もりを出してもらいましょう。
家族葬で注意が必要な点は、人を呼ばないので貰える香典が少ないことです。
地域によって慣習は違いますが、葬儀は香典で支払いを軽くすることもできるので費用の面だけで、どういう形態の葬儀にするのか決めるのはよくありません。
故人と、どのようなお別れをしたいかで決めましょう。

青野家族葬儀「地域ナンバー1」コンテンツ一覧